病院のカルテでAGAと診断されてびっくりした男性

AGAの最も大きな原因として考えられているのは男性ホルモンの一種と考えられています。こういったホルモンが活発になると発毛が抑制されてしまうと言われています。しかしその原因は人それぞれです。恐れないでちゃんとした対策をとりましょう。

AGAとフィンペシアと他の治療薬との違い

成人後に男性が発症する脱毛症の多くが、男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、ヨーロッパやアメリカではAGAと呼ばれており、日本でも最近ではAGAと呼ばれることが多くなっています。
男性型脱毛症は、男性ホルモンや遺伝が主な原因だと考えられていますが、皮脂の過剰分泌や頭皮の血行の悪さも薄毛の原因になります。
抜け毛が多くなった場合は、その原因を明らかにして、適切な治療を行うことが大切です。
頭皮環境の悪化やストレスが原因の薄毛は、必要なケアを施すことにより改善することが可能です。
自己流のケアは、男性型脱毛症の症状を悪化させることもあるので、できるだけ早く専門クリニックで診察を受けた方が安心です。
男性型脱毛症の治療薬は、様々なメーカーが開発し、販売しています。
経済的な理由から、ジェネリック医薬品を購入する人も増えています。
ジェネリック医薬品は、新薬とは違い開発費が抑えられるため、価格が安く設定できるのです。
効果が同じなのに価格が安いので、日本でも多くの人がジェネリック医薬品を利用しています。
フィンペシアも、ジェネリック医薬品のひとつです。
フィンペシアの有効成分が、脱毛の原因となるDHTを抑制し、抜け毛を防ぎます。
DHTが減少することで成長期が長くなり、細く短い毛が太い毛に変化していきます。
フィンペシアは、インドの大手製薬会社が製造しています。
効果が出る期間については、個人差があります。
フィンペシアは、毎日1錠服用します。
女性は服用できません。
子供がいる人は、子供の手が届かない場所に薬を保管することが大事です。
フィンペシアを服用して、体に異常が出た場合は、すぐに病院へ行って診察を受けた方が安心です。