病院のカルテでAGAと診断されてびっくりした男性

AGAの最も大きな原因として考えられているのは男性ホルモンの一種と考えられています。こういったホルモンが活発になると発毛が抑制されてしまうと言われています。しかしその原因は人それぞれです。恐れないでちゃんとした対策をとりましょう。

肥満はAGAになりやすいと有名

最近の日本人男性はどんどんと食事が欧米化していくことによりより多くの人が脂肪の多い食事をとるようになってきました。脂肪が多い食事をとっていると、いつの間にか肥満になってしまうこともあり、日本人の中年男性は特にBMIの測定を強化したり、さらにはメタボリック検診を実施するなどして、健康維持のために体調を整えるように努力してきました。しかし、最近になって現在の日本の中年男性は肥満だけでなく薄毛の進行を表すAGAにも悩む人がどんどんと増えてきました。AGAと肥満の関係は一般的には有名ですが最近では科学的に証明されているため、対処方法に関しても様々な分野から研究されるようになっています。最近の男性は非常に多くの人が脂肪をよく取るようになり頭皮にも脂肪が付着しやすい環境になってきました。さらには太っている人には脂肪を分泌し頭皮や顔などに脂として浮き出てくることが多くなっています。このように頭皮に脂が出てくると、毛穴を脂がふせいでしまうため、毛が生えてこなくなってしまいます。そうなってくるとどんどんと薄毛が進行していき最終的には毛が生えなくなってしまいます。このように脂肪分をよく摂取する人は脂肪が肥満になりやすくまたAGAが進行しやすいという因果関係が成立します。まずは食事の習慣を脂肪分の多い食事を中心にしていたのをできるだけ野菜中心のヘルシーなメニューに変更することがとても大切になってきます。さらに、現在の日本の食生活においては欧米化が進んできていますが、最近になってからはどんどんと外食も増えてきていますので、より家で健康的なメニューを心がけることで体重も減少しますし、髪の毛にも良い環境になっていきます。